西ウイミンズクリニックは、福井県にある不妊治療専門クリニックです。人工授精、体外受精などの高度生殖医療で不妊症に悩む皆様をサポートします。

iTICKET TEL:0776-33-3663

西ウイミンズクリニック > 着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)臨床研究について

ERA検査・ALICE検査について 

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)臨床研究のお知らせ

このたび日本産科婦人科学会主導による「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣性流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究」が開始され、当院はこの研究分担施設に認定されました。

PGT-Aとは
体外受精・顕微授精によって得られた胚(受精卵)の染色体数を調べる検査です。
・メリット
染色体数に異常のない胚を選んで移植することで妊娠率向上と流産率低下につながると期待されています。
・デメリット
胚盤胞の細胞を一部採取することにより胚にダメージを与える可能性があります。このダメージによる着床不全、流産、その他の児への影響は否定できません。また、検査をしても染色体数に起因しない流産を防ぐことはできません。検査の費用がかかるため金銭的負担の増加も考えられます。

対象者は
下記1、2、3のいずれかに当てはまる方
 1. 反復ART不成功の患者様
   体外受精・胚移植を受けたことがあり、直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠※1)が
   成立していない方
 2. 習慣流産(反復流産を含む)の患者様
   直近の妊娠が2回連続して臨床的流産※2)している方
 3. ご夫婦のいずれかに染色体構造異常がある方
 ※1)胎嚢が確認できた妊娠
 ※2)胎嚢が確認できたあとの流産

上記以外にも条件があり、除外項目に該当する場合はご参加いただけません。

費用については
通常の体外受精・顕微授精の治療費に加えて、カウンセリング費用(1回5,000円+税)とPGT-A解析費用(1胚あたり70,000円+税)がかかります。
体外受精・顕微授精の料金については当ホームページの費用についてをご確認ください。

また、通常の体外受精・顕微授精を受けた方のうち本研究対者と同じ背景を有する患者様の治療成績を比較データとして用いられる可能性がありますのでご了承ください(個人を特定できるデータは含みません)。詳細は「『日本産科婦人科学会PGT-A特別臨床研究』における対照マッチ症例データ収集に関するお願い」をご覧ください。
この研究に参加ご希望の方は窓口にてご相談ください。

治療内容